引越し見積もり単身パック

複数社の見積もりが基本です

 

荷物の量にあったプラン選びで見積もり金額がかわります。

 

引っ越し見積もりするときは、何社か見積りをとるようにしています。

 

荷物が少ない時は、単身パックや近距離の場合は赤帽にお願いすると安いです。

 

荷物が多い人、大型家具などは、見積りをとった上で、ここではいくらだった等と交渉をすると、万単一で安くなったりします。

 

午後の引っ越しや、時間が指定できないものだと安くなります。

 

引っ越しする時に家財・火災保険の変更などの住所変更や解約を忘れずにすることも大切です。

 

以前、住所変更を忘れていたために、家財保険が降りなかったことがあります。

 

不必要な保険であれば、支払い済であっても、途中解約をすると返金になる場合が多いです。

 

引越しの段ボールには、収納した物の名前と収納場所を書いて、引越し屋さんがどの荷物をどの部屋に置けば良いか分かるようにしておくと手間が省けます。

 

 

赤帽は相場の半額?

 

赤帽はとにかく料金が安く、他業者の単身パックの相場の半額以下であった 。

 

【参考】単身パックを相場の【半額】で利用する値引き術とは?

 

 

料金は配送距離によってのみ設定されており、事前の見積り訪問もなく、電話予約のみであった 。

 

荷物は軽トラック一台に載る分までしか運んでもらえないが、単身者の荷物であれば充分載せることができた 。

 

一人のスタッフが積み込みから運送まで全てを担当しており、積み込みの手伝いは必要であったが、向こうはプロなので女性でも無理なく手伝うことができた 。

 

価格は安いが、仕事は丁寧かつスピーディーで、特に不安な点はなかった 。

 

スタッフの方は淡々と仕事をこなすタイプで、作業中会話に気を遣う必要もなかった 。

 

梱包の手伝いや梱包用段ボールの貸出等のサービスはないが、荷物の少ない単身者の引っ越しで、安価に済ませたいのであれば充分だと思う 。

 

ただ、ドライバーさんによると思うので、当たり外れがあることはいなめないが。。。